多店舗型サービス業の打ち手



①若手が採用できない。
 採用できても育てる仕組みがない。

②中途は採用できる。
 しかし、自社の行動を習慣付ける
 仕組みがない。

③40代以上のベテランは継続して残る。
 しかし、
 ・個人のパフォーマンスを伸ばし
  続けられる人はわずか
 ・組織のパフォーマンスを伸ばし
  続けられる人はわずか
 その結果、売上金額に対して
 人件費率が増え、利益額を圧迫する。
 外へ出す仕組みがない。


①技術のない若手を採用し
 育成する仕組みをつくる。

②中途社員の役割と望む具体的な
 行動を計測できるレベルで定義。
 それをやっていれば評価し、
 やっていなければ評価しない
 評価賃金制度をつくる。

③人を育成できないベテラン、
 個人のパフォーマスを上げ続け
 られないベテランを、
 独立してもらう仕組みをつくる。

この3点をおさえ、残業時間をおさえ、
他社よりも多い賃金を払う仕組みが
ないと、多店舗型サービス業は、
国内で存続できない。