優先順位が付けられない

「緊急度と重要度の2軸で分類する」

というけれど、それで
はたして、日々の仕事の
優先順位がついているのか?


「部下が優先順位をつけられない」
と上司が口にする。

その部下の行動を観察していると、
彼ら彼女達は、緊急度と重要度で
優先順位をつけている。

上司が伝え忘れていることがある。

”納期”

担当者は基本、納期で優先順位を
つけたほうが良い。

なぜか。

緊急度と重要度は、
上司、職責が上の人達が付けるもの。

お客さんや他部署と仕事をする。

お客さんと他部署の要求は、
日々、変化する。

その変化に応じて、
仕事の優先順位を緊急度と重要度で
入替えていくのは、担当者ができる
ことではない。


「部下が優先順位を付けられない」
その原因は、上司にある。