相手の負担感を下げる目的


そもそも、
負担感を下げる対象は、
不足している行動。

不足している行動は、
はじめたくない。

なぜか。

不足行動をはじめた直後に、
望ましい状態が発生しない。

だからといって、
不足行動を回避していても、
生きていくことは難しい。

そのため、
不足行動の負担感を下げる。

負担感が下がることで、
行動が起こりやすくなる。

行動が起これば、
気づきがある。

気づきの多くは、
ポジティブなもの。

その結果、不足行動は
継続できる確率があがる。

そして、徐々に不足行動の
バリエーションを増やしていく。

その結果、想定よりもはやく、
ゴールにいたる。

そうすれば、よりはやく
次のゴールへむかえる。