なぜ、部下を育てるのか

 

次のリーダーを育てるのが、
上司の仕事。

これが成立するのは、
事業が拡大し、
役職を増やせる組織。

それ以外の組織では、
次のリーダーを育てるのが、
上司の仕事。

この言葉は、
スローガンで終わる。

育てることは、自分の仕事が
なくなることに直結する。

また、このような組織の
多くは、部下を育てても
評価されない、評価する
ものさしがない場合がある。

評価されなければ、
組織として増やしたい行動は
増えていかない。

評価されなくても、
部下を育てようとする上司は、
10人中1人いるかいないか。

その限りなく少ない人の
善意に頼らない方が良い。