目標のストレッチと行動習慣


目標はストレッチした方が良い。

目標をストレッチすることは、
行動習慣を大幅に見直すこと。

できる人達、
組織の上位10%前後の人達に
とっては、負担感のないこと。

しかし、それ以外の人には、
極めて負担感の高いこと。

その結果、ストレッチ目標は、
一部の人にしか達成できない。

その結果、組織全体の
パフォーマンスが
下がることがある。

では、どうするか。

現状の行動習慣を明らかにする。

現状の行動習慣を変えずに、
新たな行動を1つずつ加えていく。

教える立場にある人が、
それをできるスキルを身に付ける。