事故を減らすための日々の基本行動


安全をつくる基本行動を毎日、
意図的にやりつづける理由。

【安全をつくる基本行動】
 ・焦りが発生した直後に”立止る”
 ・対象物を”目で観て””指で指す”
 ・対象物の”名称を声に出す”
 (観る行動がうながされる)
 ・耳で通告や復唱を”聴く”
  ※復唱は通告の言葉を省略せず
   そのまま言葉にすること

【なぜ、基本行動が大事なのか】

事故発生の流れ1:
 ①作業中に緊急の電話などが割込む。
 ②急にやることが増える。
 ③増えたやることに”注意”が向く。
 ④いつもの作業を”忘れる”。
 ⑤頭の中が白くなり、混乱する。
 ⑥その状態で作業をつづける。
 ⑦その結果、事故が発生する。

事故発生の流れ2:
 ①日々、作業をつづける。
 ②意識しなくてもできるようになる。
 ③目の前の作業中に、次の作業を
  考えることができるようになる。
  (はやまわし作業がみにつく)
 ④目で観る、耳で聴くことをしなくても、
  「たぶん、次は〇〇」と予測がつく。
 ⑤いつもと違う状態が発生していても、
  それに気が付く前に、いつもの行動を
  とってしまう。
 ⑥その結果、事故が発生する。

事故の原因を分析すると決まって、
「確認していたと”思っていた”」
のような”思い込み”が原因に出る。

これらの事故発生の流れを断ち切る
ために【安全をつくる基本行動】を
毎日”意図的”に繰返しやることが
大切になる。

 ・焦りが発生した直後に”立止る”
 ・対象物を”目で観て””指で指す”
 ・対象物の”名称を声に出す”
 (観る行動がうながされる)
 ・耳で通告や復唱を”聴く”
  ※復唱は通告の言葉を省略せず
   そのまま言葉にすること

繰返しやり続けるために、
教える立場にある人達が、

相手の行動を強化し、増やし、
自動化するやり方を身に付ける。