担当者が仕事の優先順位をつける

 

①指示や依頼された順番に進める

②納期までの期間が短いものから進める

③緊急度と優先度の2軸で進める


担当者が仕事の優先順位を付ける
パターンは3つある。

ベストは、
【②納期までの期間が短いものから進める】

発生頻度が高いのは、
【①指示や依頼された順番に進める】
その結果、
納期に間に合わない仕事が発生する。

問題視した方が良いのは、
【③緊急度と優先度の2軸で進める】。
なぜか。指示を受けて動く担当者が、
重要度と緊急度で判断する基準と
情報は持ち合わせていない。
”自分の好き嫌い””得意不得意”
で決めてしまっているケースが
圧倒的に多い。


担当者に優先順位づけのやり方を
教えるステップ1は
【②納期までの期間が短いものから進める】