「何で”できない”の?」はムダな言葉


「何でできないの?」と口にする。

その言葉を発したくなる気持ちは
わかる。

しかし、「何でできないの?」と
質問をしても、相手から帰って
くる言葉は、状況を良くする
方向へ進めることはない。


流暢なできない言い訳。

他責の言葉。

無言。


これいずれかしか、返答はない。

それがわかっているのに、
「何でできないの?」と口にする。

極めてムダなやり取りが発生して
いる。

「何でできないの?」と口にする
ならば、具体的な行動の仕方を
アドバイスしてあげれば済む。

人間、感情が邪魔をする。

感情が生産性を下げる。

生産性を上げる。その定義は、
時間当たりの成果を出すための
行動の数を増やすこと。

「何でできないの?」と口にする。

気持はわかるが、極めて
非生産的な言葉。