精神論を伝えるタイミングがある

 

特定の組織と特定の職務。

基本行動がある。

その基本行動を相手が負担感なく
理解でき、すぐに行動ができる。

そのレベルで、簡単なものから
順番に1つずつ具体的に伝える。

それを習慣付ける強化刺激を
与え続ける。

その後、相手に思考する行動習慣を
身に付けてもらうための誘発刺激を
与えていく。

基本行動ができ、思考することが
できるようになる。

この段階に来てから、
精神論を伝える。

そうしていかないと、
精神論を日々の具体的な行動に
落し込むことができない。

精神論から伝えることがある。

それを受け止め、行動に落せるのは
10人中1人いるかいないか。