暗黙知を暗黙知で継承しずらい

残業時間に制限がかかる。

これはムダな時間を
使わないためには、良いこと。

しかし、具体的に教える習慣が
ない組織においては、
これは致命的になる。

なぜか。

仕事をしていくための
自社独自の暗黙知を
継承する時間が不足するため。

この事業環境において、
暗黙知を形式知化して
継承する仕組みをつくって
いかないと、組織は
維持できなくなる。