相手の立場で考えるには

まず、日々の小さな行動。

「なぜ、〇〇なのか?」

この言葉を自分自身にかける。

仮の答えでも良いから出しておく。

相手の立場になれない人の
行動を観察し、思考パターンを
観ていると”なぜ”が不足する
ことがわかる。

このような人は、とうぜん、
「では、どうするか?」も不足。