先が観えず抵抗する人達には


①「〇〇はどうしても、

  〇〇さんの力を借りて進めたい」
  とお願いの言葉を伝える。

②「〇〇のため」
  この「〇〇のため」に
  正論を入れる。

③ 相手のしょうもない考えに
  対して否定語は一切に言わない。


先が観えず抵抗する人達が、
抵抗する理由は、自分の存在を
承認して欲しいため。

抵抗する人達は成果を出せていない。
そのような人達が圧倒的多数。

成果を出せていない。
つまり、承認される機会がない。

だから、抵抗を示し、
自分の存在をアピールする。

上記①から③をおさえ、この
抵抗する人達に作業をしてもらう。

頭数としていてもらった方が良い。
いないよりは、いたほうがいい。