外部の役割の1つ


社内の人では、
口にできないことがある。

社内の人が社内の人に対して
「質問をしてほしい」
「どんなことでも言って欲しい」
と言う場面い遭遇することがある。

思っていることを口にする
わけがない。なぜか。

衝突が発生し、面倒なことが
おこるため。

面倒なことに巻き込まれたい人は、
ほぼいない。だからこそ、
外部の存在がある。

言葉には責任が伴う。
言葉は相手の人生に影響を与える。

そのことを分かったうえで、
言うべきこと、
社内では言えないことの中で、
その組織が成長するため
言うべきことは口にする。

それが外部の役目の1つ。