不足行動を増やす手段

承認や称賛の言葉を相手に伝える。

その目的は、
相手に不足している行動の数を
増やして、習慣化するため。


相手が今まで、できなかったこと。

相手の調整が成就した。

このような状態に対して、
承認や称賛の言葉をかける。

それが通常。

しかし、これをしていては、
組織の底上げは実現しない。


承認や称賛の言葉は、
相手に不足している行動の数を
増やして、習慣化するため。

習慣になった時点で、
その行動には、承認と称賛の
言葉をかけない。

なぜか。

すでに習慣化しているため。


綺麗事だけでは、人は育たない。