注意・叱責した直後には必ず

注意・叱責した直後には必ず、
相手に取って欲しい具体的な
行動を伝える。

注意・叱責する場面を観察すると
ほぼ、注意・叱責で終わっている。

もしくは、くだくだ、ぐちぐちと
責め立てている。

これでは、注意・叱責の機能は
はたせない。

それ以上に、相手のそもそもの
行動量を減らしている。

注意・叱責した直後には必ず、
相手に取って欲しい具体的な
行動を伝える。

感情に任せたままでは、
この行動はできない。