目的・背景・手段はセットで


1.ロジカルに考えるのは大事。

2.モレダブりなく考えるのも大事。

3.なぜ?で原因を深掘りするのも大事。

4.機能分析で問題行動の機能を特定
 するのも大事。

5.問題行動が発生している刺激を特定
 するのも大事。


その前提に。

【目的】【背景】【手段】を
 セットで考えることが必要。


このセットがないと、
上記1から5はムダな時間で終わる。

なぜか?


背景となった現在と過去。

現在と過去を踏まえた
想定される最悪の未来。

それを踏まえた目的。

目的を実現するための手段。


特に背景の設定範囲が
不適切な状態でいくら、
1から5を行っても、
ピントがはずれた結果になる。


【目的】【背景】【手段】。

誰でも知っていることですが、
上手く活用できているケースは稀。