頭だけで判断しようとする

頭だけで判断しようとする。

頭で判断する場合の判断基準は、
当然、当人の過去の経験と知識が
ベースになる。

したがって、今までに対応した
ことがない状況が発生した場合、
いつになっても、その状況を
変えることができない。

そして、最悪の状態になってから
行動をはじめる。

すでに手遅れ。

まずは、やってみる。

やってみることで気づくことがある。

やってみない状態で、頭で
シミュレーションして決める。

このような行動習慣は、
企業の規模に関わらず
見受けられる。

特に成長が止まっている人に
見受けられる。

気持はわかるけれど、
日に日に状況が悪化するのは
あきらかな事実。