「まずやってみる」人は少ない


「まず、やってみる」

 言葉は簡単。

 しかし、やる人は少ない。



「何が正しいやり方なのか?」

 それを他者から教えてもらう。



「このやり方は正しいのか?」

 それを他者に判断してもらう。



「いま、どこまで来ているのか?」

 それを他者から示してもらう。



このような人の方が圧倒的に多い。



「まずやってみる」

 そして、気づきながら、
 次を見つけていく。


 このような人は少ない。