禁止よりも”やって欲しい”行動

 

「〇〇はしないでください」

「〇〇は禁止」

 危険行動は
 形式知化、標準化しやすい。

 危険行動の発生頻度は下がる。

しかし、危険行動の代わりに、
どのような行動を取れば良いのか?

それが明らかにならない
ケースが圧倒的に多い。 

なぜか?

危険行動の代わりに取って欲しい
安全な行動が思いつかない。

思いついても、それを
誰でも同じように再現できる
行動の言葉にできない。

言葉にできても、それを
習慣形成するための
仕組みがない。

このいずれか。

禁止する場合、
その代わりに取って欲しい
安全な行動をまずは具体的に
示していく。