「自責で」「素直に」と言っても・・・

 

注意しても素直に非を認めない。

決して謝らない。

原因を他人や周囲の環境に求める。

「私は悪くない」「〇〇が悪い」


このような社員に
「もっと素直になれ」
「もっと自責になれ」と行った
ところで何も変わらない。


そもそも、
他責で素直ではない人は、
自己肯定感が低い。

素直になって欲しい。

自責で考えて欲しい。

であれば、相手の
自己肯定感を上げてあげる。

達成感と承認。

この数を増やしてあげる。

 

 

他責で素直ではない人は、
自己肯定感が低い。

(根拠のない)

自信に満ちていても。

 

自己肯定感は実は低い。