他責で意欲なしでも動く仕組み

自分に非があっても謝らない。

周囲の人のせいにしたり、
外部環境のせいにしたり。


自分から何かをはじめない。

言われるまで、何もしない。

言われた言葉どおりにやる。

言葉が曖昧な場合は、
とうぜん失敗する。

失敗の原因は、指示をした人。


イレギュラーが発生した。

対応しせず、優先順位を下げる。

大きなクレームが発生する。

クレームの原因は、
イレギュラーへの対応の仕方を
指導しなかった上司。


このような状況が各組織で
発生している。

大手企業から中小零細企業まで。



考え方や意識を変えようとし、
疲弊しているマネージャー。


考え方や意識は、日々の小さな
行動を変えないと変わらない。

そのことに気づいていない。


他責で意欲なしでも動く仕組み。

基本は相手の日々の小さな行動
を変えて、習慣にする。

ここからはじめると、
他責で意欲のない人でも、
変わっていく。

ただし、行動変容のやり方に
基づいても6ヶ月は最低かかる。