相手のめんどくさいに手を出す

「人の役に立ちたい」

「人のためになりたい」

 という言葉を聴く。


この言葉を口にする人達の
行動習慣に以下がある。

【負担感を避ける】

ここに矛盾がある。

人の役に立つ。

人のためになる。

つまり、人が抱えている
お困りごと、めんどくさい
ことを変わりにやってあげる。

その結果、役に立つ、ためになる。


負担感が発生すること。


人の役に立ちたい、
人のためになりたいなら、
ある特定の技術と知識が
みにつき習熟するまでは、
負担感を避けることはできない。