「わかりません」と言ってみる

 

わからないと言いたくない。

 

カッコ悪いから。

 

それを続ける。

 

周囲の人達に迷惑が

かかりはじめる。

 

嘘をつきはじめる。

 

さらに、

周囲の人達に迷惑が

かかりはじめる。

 

益々、かっこ悪くなる。

 

しかし、かっこうをつける。

 

「わかりました」

「やります」

「がんばります」

 

そして、飛ぶ。

 

その前に、

 

「〇〇さん、わかりません」

「教えてください」と言ってみる。

 

この2言が、自身をラクにする。

 

周囲もラクにする。

 

 

自分に少しでも非があれば、

まず、すぐに

「申し訳ございません」と

謝罪の言葉を口にし、対面で

90度のお辞儀をする。

 

 

 これも同じこと。

 

対面で、相手の目をみて、

相手が聴こえる声で、

 

「おはようございます」

 

「ありがとうございます」

 

「助かりました」

 

「後ろを通ります」

「失礼します」

 

これらも同じこと。

 

自分で自分を苦しくしないためにも。

 

相手のためにも。

 

 

道徳や精神訓話の前に、

これらを教え、習慣付けた方が

よっぽど生きやすくなる。