小さな逃げ道を探し続けない

もしもの時のことを考えて、
ダメージを負わない逃げ道を
徹底して探す。

多くの場合、この逃げ道は、
自分以外の誰からに、
ダメージを引受けてもらうもの。

それを続ける。

いつまで経っても、
行動をはじめない。


誰かがはじめるのを待つ。

その誰かが上手く行ったら、
自分もやりはじめる。

しかし、その時には既に遅い。


もしもの時のことを考え、
誰からにダメージを
押し付ける策を考えるなら、
まず、小さくはじめてみた
ほうが良い。