センシング・ライフログ データ

データが蓄積しやすい事業環境。

多様な分析手法、活用の仕方が
発生する。

しかし、人間がついていかない。

なぜか。

人間、感情を持っている。

これが、邪魔をする。

この感情がポジティブであれば、
進みは良い。

しかし、感情はネガティブなものが
圧倒的に多い。

センシング・ライフログデータの
分析・活用は意味があると思う。

しかし、その前に、やることがある。

人間の感情の取り扱い。

データが蓄積しやすい。

つまり、人と人とが対面で接触
しなくても、一時は何とかなる。

しかし、
結局、対面接触が必要になる。

その時点では、対面接触の
行動パターンが不足する。