2,000件のリストを前にして

上司が部下に
2,000件のリストを渡す。

上司は部下が、
営業先が2,000件もあることに
喜ぶと思っている。

しかし、部下の反応は異なる。

「2,000件もあるんですが・・・」

上司は新人の頃、
リストも無い状態で
飛び込み営業をしていた。

それに比べると恵まれている。
と思っている。

しかし、そんな時代を知らない
部下は、ありがたくない。

「しのごのいわずに、全部に
 電話しろ」

「繋がるまで、やり続けろ」

と言いたい所。

しかし、それをやってしまうと
部下の行動量は下がり続け、
いずれ辞めていく。

では、どうするか。

できる範囲からやってもらう。

できる範囲でも、
自分の代わりにやってくれる
だけでも、ありがたい。

と思った方が良い。